読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛攻凌いで勝ち点3

 現地観戦のみなさま、お疲れさまでした。

 序盤戦の山場、横浜戦はオカちゃんの2ゴールを守りきり2-1で勝利。
 攻撃ではトリプルシンジが炸裂し、守備では西部を中心に横浜の猛攻を
 セットプレーでの1失点で凌ぎ切りました。

 オカちゃんの2ゴールの起点はいずれも伸二から。
 攻撃時のインスピレーションというか瞬間瞬間のひらめきはさすがだな、と。
 ただ、5戦で3枚の警告はすごく気になる。この試合も伸二が退いた後の
 試合運びに課題が残ったのではないかな、と思います。
 なので出場停止時の影響は大きいです。
 あとはホームは4-3-3、アウェイは4-5-1なんですかね?
 素人ながらそう見えたりしています。(苦笑)

 守備陣は西部のPKストップでの貢献はもちろん、ボスナーが嬉しい誤算。
 岩下、イチの離脱でDFラインが日替わりの中、ボールを持った相手選手への
 プレッシャーはとても早く、マークの受け渡しもここまではうまく行っている
 ように感じます。
 ボスナーの活躍もスタートダッシュ成功の要因でしょう。

 それにしてもまたもや主審の笛が目立っていましたね。あれだけセットプレーを
 与えていたのに1失点では済んだのは上出来なんでしょうか。
 ただ、試合(主審)によって基準がまちまちなのはどうにかならないですかね?