読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWは2戦2勝

 今さらなので細かくは振り返りませんが、浦和戦はロスタイムのヨンセン弾で勝利。
 エコパでは勝ちロコはできないのか・・・、と思いはじめていたところだったので
 劇的な幕切れに文字通り狂喜乱舞。久々に楽しい帰り道となりました。

 そしてこの勝利をムダにしないためにも大事だった京都戦。
 (応援に行かれた皆さん、お疲れさまでした。)
 連戦の疲れ、暑さ、油断、様々な要素があったかと思いますが、今まででは
 考えられない緩慢なプレーで立て続けの2失点。
 しかし、連戦の疲れ、暑さ、油断はエスパだけではなくサンガにもあったようで、
 後半早い時間にオカの突破からPKをゲットすると反撃開始。
 その後は怒涛の4得点でまたまた久々の逆転勝利。
 この試合は後半から出場した兵働の落ち着きが目立ちました。

 ただ、この逆転勝利の代償は大きく、次節新潟戦は宏介、伸二、ボスナーを
 欠くことに。開幕から10試合、プラスの影響を与え続けていた伸二がいないことの
 影響が心配。DF陣も少なくとも2枚が入れ替わり。中2日で行われる中断前最後の
 ホームゲームは総力戦となりそうです。チーム全体でこの苦境を乗り切って欲しいと思います。

 最後に。
 佐藤主審ですがカードに対する躊躇いは一切なかったですね。その姿は終始一貫
 されていたので良いのですが、肝心の「判断基準」が今までのレフリーとは
 違いましたね。開始1分の「ライダーキック」で火をつけちゃった感は否めませんが・・・。