読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロとアマの違い

 仙台の無敗を止めたことが記事になっていますがそれ以前に昨日の
 ゴトビ監督(プロ)の試合総評と私(アマ)の感想に違いがありすぎた(苦笑)

 大きな違いは「ダブルボランチ」への評価(そんな偉そうなものではないが)。
 ゴトビ監督はコンビプレーをさせない、カウンターへのケアということでボランチを含め
 中盤を厚くした。前半はうまくいかなかったが後半はよくできていた。
 私はダブルボランチにすることにより、サイドバックが上がらなければ攻撃の枚数が
 足りず形が作れない。
 前半は特に菅井が気になって宏介も上がれず。後半もうまくいったようにはみえなかった。
 ボランチのバックパスを「やり直し」と取るか、「仕方なく下げた」と取るかによって
 大きく違うとは思うのだけど・・・。

 ただ、仙台は4+4でブロックを形成して守っていたので出しどころがなかったといえば
 そうかもしれない。得点シーンはそのブロックが崩れた隙を狙ってうまれた。
 ダブルボランチが継続してチャンスを伺っていたからこそうまれた得点だったのかもしれない。
 試合後、真希の顔には充実感。やはりプロの戦術がハマったということなのかな。

 話は変わりますが・・・
 最終盤、永井がDFに下がってました。あれはパワープレーへの対処なのか大輔の足が
 つっていたことを考慮してなのか教えて欲しかったです。ゴトビさん。(苦笑)
 #ま、どっちでもいいけど。

 嗚呼、サッカーって難しい。