読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲府に勝利。残留確定(感想)

 残留争い真っ只中の甲府相手に3-0勝利。
 内容は決して良くはなかったものの、相手のミスや決定力に助けられた
 部分が多く見られた気がします。
 それでもきっちり勝ち点3を奪ったことはほぼ満員だったこと、
 「リピート」という営業面においても良かったと思います。

 そして、この勝利で自力でJ1残留を確定しました。

 3点目の宏介のクリア気味のパスから始まった一連の流れは鳥肌立ちましたね!
 フレディは一度もボールを止めることなく相手ディフェンス(テル^^;)を交わしていた
 んですね。録画を改めて見て技術の高さに驚きました。

 テルとイチが甲府の一員として初めてアウスタに来ました。
 どういった印象だったのかはわかりませんがどちらも「らしさ」がでていて
 よかったと思います。何としても残留を果たして来年も同じ舞台で戦いたいです。
 残り4戦、がんばってください。

 最後に審判なんですが・・・。
 やはり一貫性のないブレブレの笛に序盤はイライラしました。
 ただ、平岡のファールの後は統一されたように感じます。
 その中で岩下の抗議の仕方が執着しすぎというか、見ていて良い印象を受けません。
 傷が大きくならないうちに主将の伸二を中心にチーム全体で改善して欲しいです。

 <おまけ:高原選手のゴールがオフサイドになった件>
 あれは正しい判定ですね。
 「相手の2番目に後ろの選手よりゴールラインに近い位置にいる」がオフサイドの解釈です。
 普通、「相手の2番目に後ろの選手」はDFになるんですが、
 あの場面では混戦となりゴールライン上にDFがいて、それよりも前にGKがいました。
 なので私も最初に映像を見た時は混乱しました。
 高原選手は相手GKと相手DFの間にポジションをとっていたためオフサイドとなります。
 #通常のオフサイドラインをDFとGKに置き換えて想像してみるとわかりやすいですよね。