読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥栖戦

 開幕10試合の戦いから一転、苦しい戦いが続きます。
 ホームだし点を取らなきゃ、勝たなきゃ、ともがいている姿は見て取れるけど、
 状況が状況だけにベクトルもあっていない感がスタンドにも伝わって来ます。

 どのチームも全試合フルパワーで調子が良いまま戦えるはずはないわけで、
 どこかで耐えしのぐ時期も必要。
 戦力も限られているし、練習の中や実戦で上げていくしかないだろうし、
 「負けずに勝ち点を上乗せ」していくしかないのかな。

 鳥栖とJ1で初めて対戦したわけですが、名前の知られた選手が多くないのに
 役割がしっかりしていて戦術の浸透度の高さに驚きました。
 昨年J2で優勝した東京は別格として、昇格した鳥栖と札幌の現在の立ち位置の違いは
 「J1で戦う上での身の丈」を正しく実行しているか否かのような気がしました。