読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナビスコ鹿島戦

 予選リーグ全勝ならず残念。
 公式戦初出場の選手が多くいた中でしかも敵地で概ね戦えていたと思います。
 翔の動きも非常に良かったですし、後半から大輔と姜の位置を入れ替えるといった
 リーグ戦ではなかなか試せないチャレンジも出来ました。

 ただ、70分過ぎからうまく行かなかったです。まるで数的不利な状況で戦っている
 ようでした。バランスを失ってショートカウンターを受けるシーンが多発。

 終盤取られた2つのPKですが、、、
 1つ目(相手が失敗)は映像見ても何が反則なのかよくわからず。
 2つ目(相手の決勝点)はタイミング的に笛を吹いてしまうかな、といった印象です。
 それよりも1失点目がもったいなかった。(前半にも同じようなシーンかあった)

 ゴトビ監督も様々な見極めができたのではないでしょうか。