読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今季終了

 天皇杯はまたも長居で終了。それも0-4惨敗。
 悔しいけどこれが現実。中途半端に負けるよりこのままだと来季への
 危機感を誰もが思う敗戦にスッキリした感覚が強い。
 理論だけじゃ何も出来ないことが証明されたんじゃないかと。

 セレッソだって監督もいなければ外国人選手も不在。
 お互い若いチームだったのにこれだけの差が生まれるのには理由があるでしょ。
 サイドにボールが出たって連動してないんだから崩せないし、サイドチェンジも
 封じ込まれちゃうしもう対策尽くされた。点を取れる雰囲気皆無だもの。
 選手だけのせいにするにはいささか酷な感じ。規律を破ればタカみたく干されちゃうしね。

 これで今季の公式戦は終了。元紀、タカ、三吉はラストゲーム。その他にもチームを
 離れることになる選手もいることでしょう。
 そんな中、無人のゴールにボールを流し込めなかったのに悔しい表情を見せない選手に
 来季託していいのかな。気持ち見せて欲しいところなのに。