居ても立っても

 第4節浦和戦無観客試合だって。

 とばっちりもいいとこ。勘弁して。

AKB選抜総選挙

 結果が出ましたね。今回も悲喜こもごも。ドラマがありました。

 自分で立候補したとはいえ、順位を付けられる。
 若い彼女たちからすれば大変な心労なんだろうと思います。

 毎回感心させられるのは若いのに自分の信念や気持ち、これから自分は
 どうして行きたいといった目標をしっかりと自分の言葉で話す・伝えることができる。

 特にランクが上に行けば行くほどその傾向はより一層強くなる。

 いくら人前に立つことが仕事とはいえ、大観衆を目の前に容易なことではないと思う。
 今回も感心してしまいました。

ブラジルW杯出場決定!

 まずは出場権獲得おめでとうございます!

 出場権獲得は今や至上命題。
 そんな中、いろんな重圧があったと思います。
 
 その緊張感というかプレッシャーは選手からだけでなくザッケローニ監督からも
 感じられた試合でした。

 均衡したラスト10分で前田をさげて高さのある栗原を入れるというのは「このままで良い、
 ゲームをクローズに行くぞ」というメッセージに見えました。
 ただ、ポジションのズレが起き、意思疎通が完全じゃなかったような状態で痛恨のビハインド。
 これはヤバイ!となって急いでハーフナーを入れ、今野を左SBから右SBまで持って行ったり。。。
 ちょっとチグハグでしたね。

 イラク戦を経て、コンフェデに突入していくわけですが、引いてカウンターみたいな
 サッカーじゃなく結果が伴わなくても、今の実力を見極める場にして欲しいと思います。
 いっぱい課題が出るような大会になるといいな。

 

 

 あと、ブロスケさんみたかったな・・・。><

2-0快勝でリーグ戦中断

 仙台戦は2-0で勝利。元紀が遊びに来た試合で勝ちロコができました。
 暫定9位でリーグ戦は中断期間に入ります。

 ちょっぴり「相性」があったのかな。
 苦しい時間帯に相手の細かいパスのズレがあったりして
 助けられた部分も。

 河井・俊幸には今季初ゴールが生まれました。
 特にトシは肩の荷が少しは降りたかな。

 観客は約12000人。だいぶガッカリな数字です。
 でも今のエスパルスに対するサポーターの正直な「期待値」だと思う。
 コールリーダも後半開始から「駒込」をもってくるなど流れを変えようと
 いろいろ工夫している感じがする。チームも良い意味で変わらなきゃね。

ナビスコ予選最下位で終了

 ナビスコ横浜戦は1-2で敗戦。
 結果、予選リーグ最下位でした。

 横浜戦なんですが、
 失点を喫し、敗れたわけなので反省するところはするとして、
 まだまだ全然足りないけど気持ちも感じられたし、
 相手が勝ち点を取りに来た試合で新たな若い力も公式戦を体感できたという
 前向きな部分もあったし。
 そんな感じで良いのかな、仕方がないかなと思っています。
 悔しいけど、これが今の現状だから。

 今のままで良いと思いません。
 ただ、時期的にまともな補強もできません。
 今のメンバーでやるしかありません。
 ただ、幸いな事に6月は公式戦がありません。
 立て直す時間は出来ました。

 個々のミスは相変わらず目立ちますし、中盤はスカスカだし、
 攻めても流動性はないし、バイタルでの正確性も欠けるなど前も後ろも課題だらけですが
 球際で負けない、やられてもやり返してやるんだという強い気持ち。

 まずはそこからだと思います。

中断前ホーム2連戦

 週末のFC東京戦は0-2で敗戦。
 失点するまでは良かったが、のパターン。

 今週は水曜・土曜と鬼門となったホームゲーム。
 土曜日の仙台戦はバレーが出場停止なので、水曜日のナビスコ横浜戦は先発での
 出場が濃厚。バレーの代わりは現段階では壁にぶちあった瀬沼でなく、きっと翔でしょう。

 バレー頼みのサッカーはハマれば強烈だが、封じられた時の無策っぷりは
 見ている方もやっている方も限界が近づいている。
 6月の中断期間に立て直してもらうとして、今週の2試合はなんとか前向きに大きなキズを
 負うことなく戦って欲しいと思う。